ボランティアー ┃“携手春光,种植希望” ——2018年度Kaiser大連本社春季遠足+植樹活動記事

2018.04.23
 01 02        暖風が春寒を吹き飛ばし、遠足で植樹し念願を託す。2018年4月21日,Kaiser大連本社の社員と家族達は週末時間を利用し、再度“携手春光,种植希望”と称した春季遠足+植樹活動を主催した。  03       今回の活動は再度昨年訪れた普兰店鸽子塘ダムにて、二酸化炭素の低減と緑を増やす目的で植樹を行った。  04       今回の植樹活動が以前と違うところは高い山に登り、雑草と枯れ木を除去して、自分で植樹用穴を掘り、果実収穫できる杏の木を植えたことです。私ともの両手で希望を植え、私ともの生活環境にもうひとつの緑を増やす。また、皆は秋の収穫に期待を託した。  05       ここで私達は家族、同僚と春風に接し、自然との親睦を図り、子供達に大自然を愛護する意識を心に植え付け、子とも達が小さい木とともに健康に育ち、私たちの未来に自分の力を発揮出来るように願う。  06       今回の活動では皆さんは念願を小さい板に書き込み、自分が植えた木の苗に掛けた。皆の念願も木と一緒に成長することを願う。每年の初めに一つの念願、每年の春に一つの希望を植え、自分が愛するすべてが幸福安康であるように・・・・ 07  08
      植樹後,参加者達は分担と協力にて遠足活動に打ち込んだ:船に乗って網漁をする人、岸辺で川中の貝類を取る人、山菜と卵を拾う人、川釣をする人、BBQ段取りをする人……すべては同僚、友人、家族と楽しいコミュニケーション中で行った。
 09       植樹は私たちが生存する環境のため、ボランティアーは子々孫々の為である。笑容、穏やか、団結、力量・・・每回的活動は暖かい雰囲気に包まれている。春は人を元気一杯にさせ、すべての希望は心に込めて、念願を実現するために私たちま只管前に向かって進む、進む。       私たちの共同念願:凱杰社の家族達は永遠に平安健康、私たちの階杰社は更に団結して強大にになること!
  • 中国の企業誘致・投資環境を知りたい方へ
  • 実際の工場を見てみたい方へ
PAGE TOP